今月読んだ本

今月(2020-12)読んだ本は6冊でした。

新刊だと


この十年のあいだで、SNSについての評価は、ぼくだけでなく一般的に、また日本だけでなく世界的にも、期待から失望に変わっていると思います。テクノロジーだけでは社会はよくアンラ図、使う人間こそが重要だという、ごくあたりまえの問題があきらかになりました。SNSは、自分が好きな情報だけを集め、敵と味方の境界をはっきりさせーこれは「観光客の哲学」の問題意識でもありますがー、自分を味方の世界のなかだけに閉じ込めるツールになってしまいました。
中略
けれども、本来は、これもぼくだけでなく多くの人がいっていたことですが、SNSやインターネットは「誤配」を増やすための技術としても使えたはずです。 その部分をこれからどう取り戻していくかが重要です。


とか


怖かった(小並)
とか読みました。




2020年特に面白かった本は、



地獄の黙示録復刻上映のあとに読んだらすごい良かった。

Written on December 31, 2020