WindowsPC

WindowsPCを組んだ。


外観の写真は特に撮っていないけどよくある片側が透けているゲーミングPCといったところ。
パーツ構成はこんな感じ

  • ケース
    • Thermaltake Versa H26
      • 格安でいい感じのケースを手に入れようとするとこれになる。
  • CPU
    • Ryzen 5 3600
      • 1個前のRyzen5。今のRyzenは値が上がりすぎているし、まずはお試しということで。コスパは最強だと思う。
      • CPUクーラーは付属しているのをとりあえず使っている。
  • SSD
  • マザーボード
  • メモリ
    • GSK F4-3600C19D-16GSXWB
      • これも会社のオタクに聞いた。互換性とか調べるのがめんどくさくなり他のは検討していない。
  • グラフィックボード
    • PowerColor RX VEGA56
      • 会社のオタク友達にいただく。超感謝。1個前のPCで使用していて今は使っていないらしい。これをベースにすべてのパーツを決めた。
  • 電源
    • Cooler Master V750
      • なんでもいいだろうと思って、メルカリで買った。同期のPCオタクによれば中古電源は避けるのが鉄板らしい。知らなかったが順調に動いている。



作った感想としてはWindowsPC素晴らしいなという感じ。
高校生からMac mini(2012)→Mac book air(2015)→Mac mini(2018)と使ってきた。最初にMacを使用した理由が動画編集をするにあたってFinal Cut Proを使いたいというのがあったのだが、動画編集もしなくなっていたし、ちょっとしたプログラミングもWSLがあるし、会社でWindowsPCを使い全然Windowsでええやんけとなっていた。
WLSがなければまだMacOSを使っているだろう。そのくらいの感じだ。

Ryzen5とMac mini(2018)のcorei5モデルはRyzen5のほうが80%くらい性能が良いらしく、Windowsの方をメインにいじることが多くなるのでMacを手放すことにした。
参考 https://technical.city/ja/cpu/Ryzen-5-3600-vs-Core-i5-8500B

Written on February 21, 2021